SqlHints.com

Datetime2は、日付と時刻の値を格納するためにSql Server2008で導入された新しいデータ型です。 MSDNによると、MicrosoftはDateTimeの代わりにこの新しいデータ型を新しい作業に使用することを提案しています。 次の表は、この新しいDatetime2データ型と古いDateTimeデータ型の主な違いの一部をまとめたものです。

次の表は、この新しいDatetime2データ型と古いDateTimeデータ型の主な違い

動作します

例:
宣言@nowdatetime datetime=getdate()[email protected]+1
結果: 2011–09-17 13:44:31.247

DateTime DateTime2
Min Value 1753-01-01 00:00:00 0001-01-01 00:00:00
Max Value 9999-12-31 23:59:59.997 9999-12-31 23:59:59.9999999
ストレージサイズ 8バイト 6-8バイト
注:パラメータnはオプションであり、指定されていない場合、小数
秒精度は7桁であり、0 7桁です。 For fractional seconds
precision <3, takes 6 bytes For fractional seconds precision 3 or 4 it will take
7 bytes For fractional seconds precision >4 it will take 8 bytes
Usage Declare @now datetime Declare @now datetime2(7)
Compliance Is not an ANSI/ISO compliant Is an ANSI/ISO compliant
現在の日付と時刻関数 GetDate()–DateTimeデータ型のDB現在の日付と時刻を返します

例:SELECT GETDATE()
結果:2011–09-16 13:23:18.767

sysdatetime()-datetime2データ型のdb現在の日付と時刻を返します

例:select sysdatetime()
結果:2011-09-16 13:23:18.7676720

+/-日 +/-日 +/-日
失敗します-DateAdd関数のみを使用する必要があります

例:
宣言@nowdatetime2DATETIME2=
SYSDATETIME()
[email protected]+1
結果:Msg206、レベル16、状態2、行2
オペランド型の衝突:datetime2はintと互換性がありません

小数秒の精度が3のdatetime2はdatetimeデータ型と同じです。 また、Datetime2(3)は、古いDateTimeデータ型が使用する8バイトの代わりに7バイトのストレージを使用し、より高い日付範囲も提供します(つまり、 0001-01-01から9999-12-31)DateTimeデータ型と比較しました。 今、私たちは例でこれを見てみましょう:p>

DECLARE @nowDateTime DATETIME = GETDATE(), @nowDateTime2 DATETIME2(3)= SYSDATETIME()SELECT DATALENGTH(@nowDateTime) 'DateTime Storage Size', DATALENGTH(@nowDateTime2) 'DateTime2(3) Storage Size'
Result:DateTime Storage Size DateTime2 Storage Size --------------------- ---------------------- 8 7

また読みます

  • Varchar vs NVarchar
  • Varchar vs Varchar(MAX)
  • Char vs Varchar(Max)
  • テキストvs Varchar(Max)
  • Union vs Union All
  • datetime vs datetime2
  • set quoted_identifier on vs set quoted_identifier off
  • ストアドプロシージャvsユーザー定義関数
  • 主キー vs一意キー
  • Raiserror vs Throw
  • 一時テーブルVsテーブル変数
  • len()vs Datalength()
  • シーケンスVs Id
  • datediff Vs datediff_big
  • 左結合対左 外部結合
  • 右結合対右外部結合
  • 結合対内部結合
  • 左外部結合対右外部結合
  • SMALLDATETIME対DATETIME



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。